シンク・ディファレント

東京→京都 法学部生 毎日の環境学。

奇蹟の輝き

実はベジタリアンだった時期があります。

高校生の時、健康志向的な意味合いで始まったその試みは肉の誘惑に負けて直ぐに終わってしまったのですが、生き物を食べる生活を少しの間また休みたいと思っています。

 

考えてみると、僕らが肉や魚などの命を食べるということはとても気を遣う作業だ。

現代日本社会に於いて、生産段階の生物たちのことは把握しにくくなっており、もちろん自ら動物を殺めて食ってるわけじゃ無いからより生き物を、命をいただいているという意識は薄い。この国では幼い頃に子供達の読む本の中では魚のすり身が海を泳いでいて、牛や豚が試着室に入ると骨つき肉が出てくる。

実は牛は電気ショックで意識を薄れさせ、ドラム缶のような機械の中に落とされぱかっとハメられる。身動きができなくなったところで首元にカッターが入り、足を釣られ逆さにライン方式に解体ゾーンに進む間に出血多量で死ぬ。

 

ところで、牛の殺し方やフォアグラの為のガチョウなどの動物の殺傷や扱い云々であるとか、肉食を否定している訳ではない。確かに人間の商業的屠殺の風景は悪印象であろうが動物として間違ったことを人間がしている訳では無いだろう。

僕には最近命について考えることが多かった。身近な人の死や余命宣告をされた友達、挙げ句の果てには自殺願望のある友人や反出生主義を唱える人まで。

 

”君”がここに存在していること。これはとても、素晴らしいことだ。

宇宙には星が沢山あって45億年前に塵の持つ引力で互いが引き合い石となり惑星を作った。地球には最初生物は居なかった。何故ならばあまりにもそこは暑すぎたのだ。その後惑星の衝突によって水が地球上に運ばれた。幾度の誕生と幾度の絶滅を繰り返し生命は植物から動物になり水中から陸上へ出てきた。酸素を、吸うために。

150万年前、人類の歴史が始まりそこから50000回もの死と生を繰り返し、”君”が生まれた。50000人の先祖の元に。ヒトで50000人。同一の先祖から発展してきた訳なので数え切れないほどの生と死を孕んだ結果が、”君”なんだろう。

単純に回数が重なってきた訳では無い。それはそれは物凄い確率の中、無数の命の基の偶然と偶然が重なってきたのだろう。

 

生きているって、何だ?人間においては現行国内法律では脳死。だがしかし、生命全体においては脳の活動を感知できない生物の方が多いはずだろう。心臓が停止したら?でも心臓がない動物もいる… ミミズ。

体を構成している細胞が死んだら?しかしこういう例がある。

人が死んでも細胞は生きて居たり。

 

以上のことは全て僕が生物学的な生死の境界を知りたい訳では別にない。

生きていることの不確実さ、そして生命があるということを純粋な物質の有無を指すものではなく、それそのものの過程や史を指すものだとすれば僕らはそのものに価値を内在的に持っているはずだろうということである。生命がある限り。そこに於いては。

 

戻り、生命を殺傷するということは動物的に自然ではあると思うけれど前述した考えのもと元々価値あるものから価値を喪失させることは気を遣う作業だ、という訳。今のぼくは。

 

価値とは無限である。蜘蛛や蟻や醜い昆虫と同じ様に醜い人間が居て、ウィリー・ネルソンの曲のように青くて眩しい空があって、誕生日に乾杯したジャック・ダニエルの味のようにきつく、泣いても泣いても無理な葛藤事があり、季節が変わり素敵な花が咲き、いい匂いがする。

大嫌いなタバコの煙に助けられることがあり、躁鬱を抱えたどう仕様もなくての差し伸べかたがわからない人がいて、電車に乗ると人と人は軋轢まくり、ホームに降りるとどやっとした匂いになり抑圧された都市があり、何度ガッツポーズをして跳ねても喜びが溢れ出てくるような幸せなことがあり、素敵な女性が居て、恋をする。愛が解らず悩み、全ての自分のだらし無さに嫌になり、金木犀の匂いがすると僕は、昔、好きだった子をなぜか思い出します。